マイホーム黙示録 超ローコスト住宅への挑戦

マイホーム黙示録 超ローコスト住宅への挑戦

年収300万円台で安くていい家を買うために奮闘した記録。地元工務店にお願いして総額2500万(土地代諸経費含む)で家を建てる経過をブログにしました。その他色々と凝り性の自分が調べて調べて調べたことをでまとめております

住宅ローンが決まったら保険を見直し③

こんにちは

 

保険の見直し続編です。

 

どんどん行きましょう。

 

前回までの話は下記を

 

nyusan.hatenablog.com

 

 

f:id:nyusankin_yoyo:20190425143044j:plain

 

保険の見直し②

三井住友海上あいおい生命 収入保障保険

保険料が月額2,674円で60歳の時に10万円もらえます。

 

29歳で加入して60歳払込ですので

60歳 - 29歳 = 31年間

 

(31年×12ヶ月) ÷ 100,000円 = 269円/月

 

と考えれば実質の保険料は2,674円-269円で

2,405円/月という風にも取れます。

 

同じ保障内容でこれよりも安い保険があれば単純に乗り換えメリットはあります

 

提案された保険は

 

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

リンククロス じぶんと家族のお守り 

 

またもや損保ジャパン日本興亜ひまわり生命です。

 

同じ保険で保険内容で保険料は何と1,960円/月!

 

2,405円 - 1,960円 = 445円/月 の節約です。

 

しかも!

 

七大疾病・就労不能保険料免除特約をつければ

無解約返戻金型メンタル疾患保障付七大疾病保障特約

 

という特約をつけれます。

 

対象となる所定のメンタル疾患(統合失調症気分障害摂食障害等)で60日以上継続入院したとき又は七大疾病により及び所定の事由に該当した場合

※詳しくはホームページ参照ください

 

生活サポート年金として同じように月10万を2年間受け取れる特約です。

※10万円部分は受け取りを月いくらにするかで変わります。

 

つまり収入保障保険と就労不能保険を兼ねる事が出来ます。

 

この特約をつけた場合は保険料は1,260円あがりますので

 

1,960円 + 1,260円 = 3,220円 となりますが、

保険料が若干安くなったこともありますし、魅力的な特約ですので

これは乗り換えとします!

 

なお、上記の金額は健康体料率特約を使ってます。

喫煙状況や健康状態などが、規定の基準に適合する場合に割安な保険料で加入できる制度で最大約33%保険料が割安になります。

 

健康でよかった!

 

co-op共済(個人賠償特約付)

小さいうちって共済系にして20歳ぐらいになったら脱退して自分で保険に加入させるのがいいかなって思ってましたが、これも提案された保険は前回と同じ

 

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の 新・健康のお守り

 

55歳払込完了で入院一時金や退院給付金を付けると保険料が2,122円になります。

 

パッと見、割高になりますが「無事故割引特則」というオプションがここで優位に働きます。

 

子供はまだ2歳なので、この先ずっと通算入院日数が5日未満ならどんどん保険料が安くなり最終的には1,061円になります。

仮に入院5日以上続いた年があるかもしれませんので払込完了を55歳がいいとか。

 

つまりこれからずっとかけ続け割引が進んだ段階で契約者を子供に変更すれば子供へのプレゼントになります!

 

大人になってから加入しようと思っても同じ保障内容でここまで安い保険は他にないと思います。

 

個人賠償責任保険はどするか…?

これに関しては実は自動車保険に付帯できるそうです。

そして自動車保険に付帯した方が月額が安いとのこと。

 

ですので、自動車保険に付帯することにしました。

 

ちゃっかり自動車保険も見直し依頼しました。

ネタが枯渇したら記事にします。

不安だった癌の保障…

なんとなく、がんの一時金50万だけじゃ足りないなって相談したところ提案された保険は次の2点

東京海上日動あんしん生命 がん診断保険R

 普通のがん保険と違い、払い込んだ保険料の使わなかった分が70歳になると返ってくる保険

 

 

ただし、70歳までに死んだら全てパーです。

 

保険料も診断給付金を100万タイプで月額3,529円

 

老後の資金にと思いましたが、70歳まで金が引き出せないのもちょっと…

 

これは見送ります。

 

セコム損害保険 メディコム

がん保険でこれ以上の保険はないと勧められた保険

 

がんと診断されたら一時金100万+

 

通院・入院問わず

 

三大治療

 

先進医療自由診療

 

全てにおいて実費保障!

 

国内で未承認の抗がん剤を使おうと思うと完全に自由診療になりとんでもない保険料がかかりますが、これなら全てカバーできます。

 

分かりやすい保険ですね。

癌の治療費が全て賄えるがん保険です。

 

それでいて保険料は30歳男性なら 1,430円/月

 

やすい…10年更新なので40歳、50歳と保険料が上がっていきますが…40歳男性でも1,930円/月!

※なんて書いてありますが若いうちはがんの発症率が低いので保険料が安いです。逆に女性は比較的若い方でも保険料割高です(40歳女性は3,350円/月)。保険料の高さがそのまま癌の発症率になっていますので別の意味で料金表は参考になります。

 

さすがに60歳や70歳になってもこの保険はかけれませんが、働き盛りで今癌になった場合はお金を気にせず何が何でもなさなきゃいけないって方は一度は検討をお勧めします!

 

私はこの保険に加入することにしました。

保険の見直しまとめ

 

結果

  保険見直し前 保険見直し後 差額
オリックス生命 継続 0
三井住友海上 SJNKひまわり 546
なし セコム損害保険 1,550
メディケア生命 継続 0
コープ共済 SJNKひまわり 1,052
      3,148円

 

月額3,148円upです!

 

普通の人は保険が安くなるのですが我が家は高くなりました(笑)

でも必要な保障がひとまずこれで揃った形になります。

 

保険なんか必要ない自分で貯蓄すればいいという人もいます。

 

それはそれでいいと思います。

日本は公的補助がしっかりしてますので保険がなくても最低限はなんとなります。

 

でもちょっとだけ考えて頂きたい

貯蓄があれば大丈夫と思ってもそれって医療費のためだけの貯蓄でなければ成り立ちません。

 

高額療養費制度のおかげで1ヶ月で払う上限は決まってます。

でも月をまたいだら…また1ヶ月分お金はかかります。

 

平均入院日数はあくまで平均であって、全員が全員あてはまりません。

 

保険は元が取れないという考え方よりも、何かあった時に出来れば治療に専念したい。

その安心のために保険料払っているという認識で私はいます。

 

だからと言って、過剰に保険に入って万が一の時にのために今の生活を犠牲にするものばかばかしいので、ほどほどが大事ですね。

 

以上で、保険の見直し編終わりです!

完全に勢いで書きました。

一つでも皆様の参考になりましたら幸いです。

 

ランキングに参加しております
クリック頂けると励みになります!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村